東北文庫   ホーム   購入ガイド   このサイトについて   お届け状況   お問い合わせ   サイトマップ
www.tohoku-bunko.jp ホーム ≫書籍一覧 ≫河北選書 漁場が消える かごの中身をみる  
書籍一覧
書名、著者名ほか、キーワードでお探しの本を検索
 

河北選書 漁場が消える

三陸・マグロ危機
河北新報社編集局 編

河北選書 漁場が消える
悪化の一途をたどるマグロ漁業。
取材班が各地に飛び、漁船に一カ月同乗し、漁をルポした。
その他に、南アフリカやインドネシア、台湾、韓国などで事情を探り、資源の持続的利用には三陸の漁業基地存続が欠かせないとの確信を得る。
第25回農業ジャーナリスト賞受賞作。
河北選書シリーズ、第3弾!
●定価864円(本体800円+税)
●四六判、196頁
●2010年9月第1刷
●河北新報出版センター
在庫あり:1〜3営業日でお届けします
買い物かごへ入れる かごの中身をみる
目次

プロローグ 気仙沼はいま

第一部 魚影を追って
 命懸け
 不夜船
 人知の限り
 縄切れ
 もどかしさ
 揺れ
 重い使命
 時化
 重責
 守りたい

第二部 帰らざる船
 遠のく母港
 空飛ぶ職人
 最後の船団
 かすむ日の丸
 後方支援
 ナショナリズム
 流出

第三部 陸の闘い
 下船
 台湾船浪人
 口入れ
 船頭の妻
 魚価
 資金繰り
 岐路の50代

第四部 揺らぐ基地
 最後の御殿
 屋台骨
 外国人船員
 悩める水産高校
 母港水揚げ
 操業形態
 人材確保

第五部 ライバルの素顔
 減船
 利害
 大陸船員
 ビジネス
 日本進出
 巻き網熱

第六部 国際減船
 動揺
 撤退
 孤立
 意地
 枯渇
 圧力
 過熱

第七部 依存の限界
 熱気
 成功者
 焦燥
 擦れ違い
 グレーゾーン
 幹部登用

第八部 締め出し
 監視網
 成長戦略
 現地加工
 野望
 劣勢
 外交戦

第九部 海を豊かに
 引き継ぐ
 分かち合う
 つながる

エピローグ 苦難の先に
あとがき