東北文庫   ホーム   購入ガイド   このサイトについて   お届け状況   お問い合わせ   サイトマップ
www.tohoku-bunko.jp ホーム ≫書籍一覧 ≫化石にみる自然誌 かごの中身をみる  
書籍一覧
書名、著者名ほか、キーワードでお探しの本を検索
 

化石にみる自然誌

岩手県立博物館第40回企画展図録
岩手県立博物館 編

化石にみる自然誌
岩手県は非常に古い時代からの地層がそろい、たくさんの種類の化石がみつかっているといわれている。これらの化石から、地質時代の岩手がどんなようすだったかを読み取ることができる。
海から遠い場所に出る貝殻や鯨の化石は、当時そこが海だったことを教える。恐竜の化石は、かつての岩手がアジア大陸の一部だったことを知らせる。アンモナイトや三葉虫のような海に住んで絶滅していった生き物は、地球の物語の雄弁な語り手だ。大昔の岩手に住んでいた彼らの語りかけに耳を傾けてみよう。長い時間の中で、地球の上の各地の仲間たちと交流しながら生きていたことを教えてくれるはずだ。
この企画展では、そのような思いで開かれた。
●823円(税込)
●A4判、25頁
●95年3月第一刷
●(財)岩手県文化振興事業団
在庫あり:1〜3営業日でお届けします
買い物かごへ入れる かごの中身をみる
目次

■ようこそ化石の世界へ
◎化石って何だろう
◎化石と地質の調査
◎新生代の貝類化石
■昔は海だった
◎鯨の泳いだ海を掘る
◎魚類の世界
◎アンモナイトがすんだ海
◎太古の海の動物たち
■陸地と動植物
◎動物たちの足跡
◎哺乳動物のいろいろ
◎植物の変遷
◎琥珀というタイムカプセル
■恐竜の世界から
◎大陸移動の証人たち
◎恐竜たちの栄光
◎恐竜とその周辺
■展示標本一覧