東北文庫   ホーム   購入ガイド   このサイトについて   お届け状況   お問い合わせ   サイトマップ
www.tohoku-bunko.jp ホーム ≫書籍一覧 ≫布施辰治「奥の入会紀行」 かごの中身をみる  
書籍一覧
書名、著者名ほか、キーワードでお探しの本を検索
 

布施辰治「奥の入会紀行」

石巻文化センター調査報告(第8号)
石巻文化センター 編 

布施辰治「奥の入会紀行」
昭和10年、北上山地の山村民「入会権紛争」解決のため保釈出所中の身ながら管轄警察同行のもと、人権派弁護士布施辰治は岩手県北部の旅を決行。
●1,296円(税込)
●A4判、48頁
●06年3月
●石巻文化センター
在庫あり:1〜3営業日でお届けします
買い物かごへ入れる かごの中身をみる
内容

人権派弁護士として活躍した布施辰治(1880〜1953年)の活動を知る資料の中でもひときわ異彩を放つ本日記は、昭和10年当時の岩手県北部山村民生活が描かれ辰治の文学的記述も多い。また、入会(住民が居住する一定地域の山林原野などの共同使用)紛争研究面のほか、民俗学的アプローチも可能な多面的資料である。


目次

■布施辰治「奥の入会紀行」掲載にあたって
石巻文化センター学芸員・成田 暢(なりた みつる)

布施辰治「略歴」/布施辰治「関係文献」/石巻文化センター「布施辰治関連資料概要」/入会とは/奥の入会紀行/布施辰治旅の日程/「奥の入会紀行」関連略図(岩手県北部地域)

■奥の入会紀行 布施辰治(ふせ たつじ)

六月二十五日
上野より夜行列車に乗り込む。
二十六日
盛岡着、盛岡地裁などを回り辰治の法律事務所盛岡出張所泊。
二十七日
北福岡駅(現二戸駅)から山形村荷軽部へ向かい、荷軽部の大畑宅泊。
二十八日
荷軽部から葛巻村小田へ向かい、小田の近藤宅泊。
二十九日
小田の入会山を回り、近藤宅泊。
三十日
小田在住、近藤宅泊。
七月一日
小田の真山神社を回り、山形村霜畑に向かう、霜畑中村宅泊。
二日
霜畑の八幡神社を回り、中村宅泊。
三日
霜畑の山地境界を回り、荷軽部へ向かう、大畑宅泊。
四日
村びとから話や唄を聞く、大畑宅泊。
五日
山形村戸呂町に向かう、戸呂町下舘宅泊。
六日
由垂の窟を見学、下舘宅泊。
七日
九戸村長興寺を経て、浄法寺村天台寺泊。
八日
大野村大野に向かい、大野の堀岡宅泊。
九日
大野の駒形神社を巡り、浪内村根反へ向かう、根反の大矢宅泊。
十日
根反神社を巡り、岩館小学校にて講演、大矢宅泊。
十一日
一戸駅から盛岡へ向かう、出張所泊。
十二日
裁判所、県庁などを回り、出張所泊。
十三日
山田線松草駅、川井駅の川井営林署を訪れ、出張所泊。
十四日
盛岡から汽車にて帰京。

■奥の入会紀行関連写真(33点)