東北文庫   ホーム   購入ガイド   このサイトについて   お届け状況   お問い合わせ   サイトマップ
www.tohoku-bunko.jp ホーム ≫書籍一覧 ≫阿部次郎とその家族 かごの中身をみる  
書籍一覧
書名、著者名ほか、キーワードでお探しの本を検索
 

阿部次郎とその家族

−愛はかなしみを超えて
大平千枝子

阿部次郎とその家族
父 阿部次郎
●2,365円(税込)
●四六判、338頁
●04年6月発行
●東北大学出版会
在庫あり:1〜3営業日でお届けします
買い物かごへ入れる かごの中身をみる
内容

「かなしみを超える愛」−父と母の隠された「真実」を追い求め、そして姉と弟の稀有な姿をとどめおくために、渾身の力を込めた畢生の書。結婚以前の父次郎と母つねを襲った忌まわしい「事件」とはなにか。家族のその後を運命づけるこの事件を核心に据え、成長する子供たちのさまざまな姿を通して、家族の「愛とかなしみ」の絆が解き明かされていく。喜び、そしてかなしむ「素顔の」阿部家のひとびとによって、人間の「真実」が浮かび上がってくるだろう。『三太郎の日記』執筆の真の動機がいまはじめて明らかになる。


目次

序 長谷川公一
はじめに

1 輪廻転生
・千枝子誕生
・幼い死
・恵晃善童子

2 おとうと
・チーコとケーゴ
・徒歩旅行
・青春の京都
・学徒出陣
・甲幹不適、乙幹不適
・本土決戦
・父と子
・世界の平和ここに眠る

3 母−悲母観音
(1)三太郎の妻
・『三太郎の日記』を追って
・影の女
・赤門を出た男 上・下
・結婚へ
・東京府中中野町の十年
・仙台へ
(2)ついの住みか
・平穏な日日
・フェミニズムとヒューマニズム
・出逢いと別れ 上・下
・−和辻哲郎夫妻との交流−
・赤化の嵐
・母の昇天

年譜
あとがき