東北文庫   ホーム   購入ガイド   このサイトについて   お届け状況   お問い合わせ   サイトマップ
www.tohoku-bunko.jp ホーム ≫書籍一覧 ≫虹の奔流 かごの中身をみる  
書籍一覧
書名、著者名ほか、キーワードでお探しの本を検索
 

虹の奔流


氏家昇 著

虹の奔流
直江兼続の領地、米沢三十万石に移封された上杉家。忍従の歴史のなかに一点の光明として点る伊達西根堰開削。藤沢周平を思わせる静謐な筆致に、男たちの壮絶なドラマがよみがえる。
●定価 1,188円(本体1,100円+税)
●B6判/200頁
●付録「もう一つの物語」20頁小冊子
発行所/株式会社 創童舎
在庫あり:1〜3営業日でお届けします
買い物かごへ入れる かごの中身をみる
内容

 上杉藩は関ヶ原合戦で西軍についたため、百二十万石から三十万石に削封される。小藩となった上杉の領地、現在の福島県桑折地区で行われた堰の開発に関わるドラマが農民たちの間でそっと語り継がれてきた。男たちの壮絶なドラマとかくされた歴史の真実は?

目次

序 章  雪迎記
第一章  西根憂愁
第二章  蝉しぐれ
第三章  兵介のこと
第四章  一所懸命
第五章  野分
第六章  元和四年冬、米沢城
第七章  春の陣
第八章  下堰奔流
第九章  怨讐を越えて
第十章  西山城址の盟約
第十一章 河鹿鳴く渓で
第十二章 上堰はまだか
第十三章 峠往還
第十四章 十一人の侍
第十五章 虹の水みち
第十六章 蛍火
終章   別れ雲