東北文庫   ホーム   購入ガイド   このサイトについて   お届け状況   お問い合わせ   サイトマップ
www.tohoku-bunko.jp ホーム ≫書籍一覧 ≫北天の魁(ほし)−安倍貞任伝 かごの中身をみる  
書籍一覧
書名、著者名ほか、キーワードでお探しの本を検索
 

北天の魁(ほし)−安倍貞任伝


菊池敬一 著/岩手日報社 編

北天の魁(ほし)−安倍貞任伝
●1,404円(税込)
●A5判・290頁
●85年7月第一刷、22年10月第十六刷
●岩手日報社
在庫あり:1〜3営業日でお届けします
買い物かごへ入れる かごの中身をみる
内容

謎につつまれた東北の古代史への窓口である「貞任伝説」。征夷の大軍を向こうに敢然として戦った北方の王者・安倍貞任とその一族の生きざまを描く。


目次

■第一章くちなしの巻
奥六郡の王者/蝦夷の勝利/戦の神様/頼義の挑発/平永衡(たいらのながひら)/藤原経清(ふじわらのつねきよ)/巨星頼時の討死/黄海(きのみ)の戦い/征夷軍の敗北/敗軍の武将たち/討っ手のない征夷軍/清原軍動く/悲しい陣立て/戦いの幕切られる/宗任(むねとう)のゲリラ戦/貞任(さだとう)の決戦/萩の馬場の敗北/火の神/戦場と歌/数十甑(かめ)の酒/国見山(くにみやま)/大非閣(だいひかく)/火の海/巨星の最期/明暗/蝦夷の首/汚た美しい櫛(くし)

■第二章 夕顔の巻
黒沢尻五郎正任/小鳥崎の戦い/三嶋八郎の最期/真砂(まさご)姫/笠岡城攻め/大当落(おおあてらく)の戦い/千代童丸(ちよどうまる)/怪猫/大間直国(おおはざまないくに)の最期/悲運の若武者/落花/銀河はまわる/神(かみ)非情/御嶽有情(おんたけうじょう)/偽(にせ)の書翰(しょかん)/奸計(かんけい)/五色の光芒(こうぼう)

■第三章 りんどうの巻
日高見(ひたかみ)の国/白糸姫/荒吐族(あらはばきぞく)/イシカホノリの神/水車/鬼切部(おにきりべ)の戦い/阿久利(あくり)川の夜天/黄海柵(きのみのさく)/則任(のりとう)の恋/命のケイヤク(同志)/夢の世/黄金の里/戦いの祭り/安倍ガ城の音/天神地神/安倍氏の出自(すいじ)/津保化(つぼけ)の談義/イシカホノリ/比羅夫(ひらぶ)との戦い/邪馬台国(やまたいこく)/シコタマ・タダグ/コンロン坊たち/ビッキガモ/荒はばき神社/メンタ盗み/孤児あるなし/千代一系(せんだいいっけい)/いのちの形/清衡の母は奈賀(なか)/安東(あんどう)水軍/物飾りを嫌う/蝦夷の女たち/敦煌仏(とんこうぶつ)/檜(ひのき)の筏(いかだ)/祝いの黄金(こがね)/天才奇児(きじ)/頼朝守護の役

■第四章 黒ゆりの巻
羽黒祭文(はぐろさいもん)/香澄姫(かすみひめ)/貞任の生まれかわり/安倍五郎満安(みつやす)/八十八本の手裏剣(しゅりけん)/安倍満安の最期/小百合姫(さゆりひめ)/貞任の血/黒百合の花/ホツマツタへ/タチバナの謎/貞任温泉/八束脛明神(やつかはぎみょうじん)/安倍の残党たち/宗任神社/浄瑠璃(じょうるり)の安倍氏/宗任の豹変(ひょうへん)/九州の松浦党(まつうらとう)/宗任太宰府(だざいふ)へ/太宰府はがら空き/北帰行/貞任鬼神(さだとうきじん)